トップページ

とことん型紙にこだわるのは、創業者が「型紙職人の家系」だから。

  • 創業者の伊藤弥良は、型紙彫刻の人間国宝であった「児玉博」の従兄弟にあたる。
  • 型紙を生かした仕事として、ゆかたや着物の製造問屋をするべく修行し、1951年に「(株) 新粋染」を創業。
  • その後2代目になり、ゆかた(注染、長板中型)のみに集約し、現在に至っている。